ミネラルウォーター

ITソリューション 写真

 

  • 水で料理の味が決まる

    おいしい料理は、おいしい水から。
    水で、料理の味が決まるほど水は大切な要素です。

    よく、由で郷土料理のお店を見かけますが、郷土料理というのは、
    本来、その土地へいかなければ味わえないものです。
    その土地で育った食材を使い、その土地の水を使って料理をつくるから郷土料理です。

    水に含まれている成分が、その土地の食文化を決めています。
    緑茶や玄米茶などは、日本の国、軟水ができる地域でできました。
    紅茶は、ヨーロッパ、硬水ができる土地で生まれました。

    茶と紅茶には違いがあります。
    茶葉を発酵させているのか、発酵させていないのかということです。

    緑茶は、茶葉を発酵させていないので、日本の水、軟水ではまろやかな味が出ます。
    硬水を使って、お茶を入れると渋みが出ます。

    紅茶だと、香りが良く出て美味しいです。
    逆に、軟水を使うと、香りが引き立たず紅茶本来の持つ味も引き立ちません。

    これも、その土地土地の水のミネラルバランスが重要な鍵を握っているということになります。
    だから、毎日の料理作りは、カルキ臭など除去できる浄水器を使ってできる水で
    十分おいしい料理ができます。

    特に、水に含まれるマグネシウムとカルシウムとバランスが大事です。
    カルシウムが多いと、肉料理をつくったときはいいです。
    カルシウムは肉のたんぱく質としっかりと結合するので、肉汁の風味が閉じ込められて、
    本来の肉のうまみが良く出ます。

    マグネシウムは、ご飯を炊くときにいいです。
    抗酸化作用と保水効果があるので、菌が発生するのが抑えられて保水効果でぱさつきが抑えられて、ご飯の保存期間が伸ばせます。

    飲み物を作るときは、水に含まれているミネラル成分の比率を考えに入れてつくると
    ぐんと味が引き立ちます。

    コーヒーをつくるときは、マグネシウムが多く入っている水を使ってつくるとおいしいです。
    水道水に天然塩を少し加えると、好みの硬度に変えることができます。

    その場その場に応じて、ミネラルの含有量を考えに入れて料理をつくると食に対して関心が深まり、楽しくなります。