ミネラルウォーター

ITソリューション 写真

 

  • パナジウムと水道水

    ミネラルウォーターの中に入っている、ミネラル成分の一種です。
    パナジウムがインシュリンと似た働きがあり、血糖値が下がることがわかりました。
    そのことから糖尿病の薬になるのではと最近特に注目されています。

    パナジウムは体の中の有害物質や老廃物を排出する働きがあります。
    また、コレステロール値を下げたり血圧を下げる働きがあります。

    水道水の水は、今では飲まれなくなっていますが、一昔前の日本では安全と水は
    ただで手に入る国として、世界中からいわれていましたが、
    今では、そのことは完全に過去のこととなりました。

    水道水には、微量ながら人の体にとって有害な物質が含まれていることがわかり、
    そのことが原因でまだ塩素処理の気になるカビ臭のために、
    今ではミネラルウォーターを買う人がほとんどです。

    水の安全が最優先に考えられています。
    水道水の塩素処理は、病原菌や微生物の殺菌に必要なことで安全が保障されているのですが、
    塩素にも発ガン物質が含まれていて、強い毒性があり大量にとった場合
    呼吸器に影響が出ます。

    水道水に含まれている塩素が、いくら微量で人体には影響がないといっても安全のことを考えると不安です。

    このような理由から、今では水道の水は直接飲まれなくなりました。

    また、ごみ処理場・廃棄物処理場の土壌からも有害物質が検出されたことも理由です。

    日本では、水道水に含まれる塩素の量は決められていて、その量で細菌は完全に死滅しています。
    塩素自体に匂いはなく、塩素が細菌と反応することでカルキ臭が発生します。
    細菌が多いほど塩素濃度が濃くなりカルキ臭も強くなります。
    ということは、カルキ臭が強い地域ほど汚染がひどいということになります。

    それに最近では、さらに塩素が引き起こす問題があることがわかりました。
    トリハロメタンです。
    トリハロメタンを大量に取ると、神経機能低下、肝臓障害、腎臓障害を引き起こす場合があります。
    さらには発ガンにも。