ミネラルウォーター

ITソリューション 写真

 

  • 赤ちゃんでも飲めるおいしい水

    赤ちゃんは大人よりも水分が多いです。
    常にこまめに水を与えてあげましょう。

    赤ちゃんに適した水は軟水のミネラルウォーターです。
    硬水は、ミネラル分が多く腸に対しても刺激が強くて 胃腸の機能がまだ出来上がっていない赤ちゃんには、便がゆるくなったりと刺激が強いです。

    赤ちゃんだけでなく、毎日母乳を飲ませるお母さんも軟水のミネラルウォーターが適しています。
    外国産のものも、雑菌が混じっていることがあるので気をつけることが大事です。

    赤ちゃんには体によい水を与えることが大事です。
    赤ちゃんにとってよい水とは、お母さんの胎内の羊水と同じ成分が含まれている水です。
    適度なミネラル成分が含まれている軟水のミネラルウォーターです。

    体によい水は有害物質が含まれていない弱いアルカリ性の水で、水の硬度が高すぎず酸素と炭酸ガスが十分に溶け込んでいる水です。

    水に含まれているマグネシウムやカルシウムなどミネラル分を適度に含んでいるミネラルウォーターを軟水といいます。
    軟水は、赤ちゃんのミルクづくりやお茶、コーヒー、だし汁などに適しています。

    ヨーロッパの水には硬水が多いのですが、例外もあります。
    フランス産のエヴィアン、ヴィッテル、ヴォルヴィックは軟水に属しています。

    軟水は、赤ちゃんからお年寄りまで誰にでも飲みやすいミネラルウォーターです。
    硬水のミネラルウォーターは、つらい肩こりや眼精疲労の予防に適しています。
    血管がしなやかになり血流が促されるためです。
    でも、ドライアイには涙の成分になりやすい軟水のミネラルウォーターが適しています。

    硬水と軟水 マグネシウム・カルシウム・カリウムなどミネラル成分の含有量に違いがあります。
    軟水は1リットル中100mg以下、硬水は、200mg以上です。
    日本の水は、100mg以下の軟水です。

    ※ 硬水は、引き締まった味がします。
    軟水は、やさしく柔らかい味がします。
    赤ちゃんには軟水がいいです。
    日本茶・紅茶にもまろやかさが出るので、軟水が適しています。
    食生活で使い分けると、幅ができ豊かさが増します。